自分を愛する

よく聞く言葉だけど 具体的に

自分を愛するって どういうことなのかな

自分を愛することと 甘やかすことは まるで違うけど

混同してしまってるひとも 多い

自分を愛することは ありのままの今の自分を認めることから始まる

人間だから 色々な良からぬ思いを巡らしてしまう時もある

そんなときでも 今の自分を受け入れていく

ああ 私はいまこんなに傷ついているんだな

こんなに邪心でいっぱいになっているんだな

こんなに悲しんでいるんだな

こんなに腹をたてているんだな

辛いんだなあって ありのままの自分をまず認めよう

そこから 何故そんなにも自分が不安定になっているのか

対 相手ではなく自分の感情 そこを見ていく

あなたの地雷を押した相手は ただのきっかけでしかない

何らかの事象が起こった時は どうしても

対 相手というものに自分を投影し

相手VS自分という 無意味な方程式を作りがちになる

自分を認めて愛せている人は

他人がなにを言おうが なにをしてこようが

他人の動きや考えは あくまで他人のものとして

自分への 攻撃でさえ

静かに 見てゆくことができる

決して 他人の言動に振り回されることはない

他人の視線や 他人の行動が気になって仕方ないのは

自分軸でなく 他人軸に振り回されている証拠

そんな自分を可哀想だ あいつのせいだということが

自分を 甘やかしていること

自分軸をしっかり持っていれば 自分を大切に出来ているから

人を大切にすることが どういうことなのかがが わかる

だから 人の気持ちも痛みも 理解することが出来る

自分を愛するということ

それは自分の人生をいきてゆく 基本中の基本です